綺麗になった床

経済的効果

床は、傷付きやすく、汚れやすい場所の一つで、美しさや清潔さを長く保つためには、床をフロアコーティングすることがよいと言われています。
リビングやキッチンは、掃除や家具を移動させることで傷つけたり、食べこぼしやホコリなどですぐに汚れや傷がついてしまいます。
現在、日本の住宅で多く使われているフローリングは間違ったケア方法を行うと床材そのものを傷めてしまうため、フロアコーティングを行うことで床材を保護し、美しい光沢を長期間を保つことができます。
傷がつきにくく、水拭きもできるのでお手入れが楽になります。

一度、床にフロアコーティングを行うと、10年以上効果が持続するので、傷みやすい床をリフォームするより経済的です。
フロアコーティングは、ワックスと違い、協力な塗料なので、非常に頑丈ですから、小さい子どもやペットがいる家庭では、汚れ落としや掃除が非常に楽になるので、最適の施術と言えるでしょう。
また、フロアコーティングをすることで、いつでも輝く床になり、光が反射するので、部屋のイメージも明るくなるので、部屋のリフォームなどを行うよりも簡単です。
リフォームはお金も時間も非常にかかる上、大掛かりな工事になってしまうので、リフォームしたくても諦めているという人も多いのですが、フロアコーティングすることで部屋をリフォームしたかのように見違えるように美しくすることができます。

作業

フロアコーティング

床は毎日に生活で劣化していくものですが買った時のようなきれいな状態を保つことはリフォームでフロアコーティングをすることで可能であるといえます。
フロアコーティングは水をこぼしたとしてもシミになりにくく、水拭きも可能で日常の清掃で綺麗な状態を保つことが出来ます。
リフォームを考える際、気になるのはフロアコーティングのメンテナンスですが、ワックスの場合年に数回は塗り直しが必要なのに対し、フロアコーティングは一度塗れば種類によっては10年以上綺麗な状態を保つことが可能なものもあります。
床のリフォームを考えているのなら、費用だけではなくその素材にも注目して適したものを選ぶ必要があります。
小さな子供がいる場合には滑りにくいもの、ペットがいる場合には粗相してもシミにならないもの、など様々比較する点があります。
素材で見るとガラスでは耐久年数が20年以上で床の膨張や伸縮に強く、ツヤが有るもの、無いものを選ぶことが出来、紫外線遮断に優れています。

ウレタンでは耐久年数は5年から10年程度で摩擦や薬品に強く値段も安く抑えられます。
シリコンは耐久年数は10年から20年ほどで撥水効果が高く水や薬品に強く、滑りにくい特徴もあります。
UVでは耐久年数が20年以上で耐水性、耐摩耗性があり、すぐに乾燥する特徴があります。
床をリフォームする際にはこのようなメリットだけではなくデメリットも業者からよく聞き、見積もりをしてもらうなどしてから検討することが重要です。

カテゴリー